1. 無料アクセス解析

crossroad's Blog

Javaを中心にした技術ネタなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フリーランスことはじめ

既にフリーランスとして開業している僕ですが、会社を退職してから
開業するにあたっての諸手続きをまとめてみます。

ひとまずは、これくらいをやっておけば最低限OKと思います。
あとは必要に応じて、国民年金基金に入るとか、小規模企業共済に入るとか
を考えます。(僕はとりあえず入ってません。儲かったら入ります)

1.開業届け
 【何?】
   事業開始しました、と言う届出。
   やらないと何かペナルティがあると言うわけでもないようですが、
   やっておくと税務署から確定申告の案内などが来るらしいです。
 【提出先】
   所轄の税務署
 【提出タイミング・期限】
   事業開始した日から1ヶ月以内(事業開始前に出しても構わない)
 【リンク】
   国税庁(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/04.htm
 【内容】
   上記リンクにある「個人事業の開廃業等届出書」に記入して
   税務署に持っていくだけ。
   個人の場合「屋号」は悩みどころですが、僕は自分の氏名にしてしまいました。

   税務署職員が記述内容を確認して「あぁOKです」であっさり終了。
   わずか5分ほどだった。。。
   提出の際は、税務署の受付印付きの控えをもらえるので忘れずにもらっておこう。


2.青色申告申請
 【何?】
   確定申告を「青色申告でやりますよ」と言う申請。
   これをやっておかないと白色申告になってしまいます。
   青色申告は白色申告に比べて面倒な代わりに色々な特典(税金が安くなるなど)が
   あるので、青色申告がオススメ。
 【提出先】
   所轄の税務署
 【提出タイミング・期限】
   事業開始後、2ヶ月以内。(事業開始前に出しても構わない)
   ただし、1月15日までに開業した場合は同年3月15日まで。
 【リンク】
   国税庁(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/09.htm
 【内容】
   これまた上記リンク先の「所得税の青色申告承認申請書」を記入して
   税務署に提出するだけ。開業届けと一緒に出すのが良い。

   ポイントは「簿記方式」で、
    ・複式簿記・・・年間65万円の所得控除が受けられる。
            単純に考えると所得税が6万5千円安くなる。
    ・簡易簿記・・・年間10万円の所得控除が受けられる。
            つまり所得税が1万円安くなる。
    ※年間所得が330万円以下(所得税率10%)の場合。
     所得に応じて税率があがる。
   の違いがあって、要はちゃんと記帳すれば所得税がお得になりますよ、と。

   複式簿記は簿記の知識が無いと自力は難しい(らしい)ですが、
   やよい会計などの会計ソフトを使えば自動的にやってくれます。
   僕も「複式簿記」で提出しました。

   これも、受付印付きの控えをもらっておこう。

3.年金の切替(厚生年金→国民年金)
 【何?】
   会社勤めの時は厚生年金ですが、会社を退職すると国民年金に切り替えないといけません。
   昨今は国民年金未納や、年金の破綻などが社会問題化してますが、
   まぁ国民の義務としてまじめにやりましょう。
 【提出先】
   市町村によって違うと思いますが、大抵は市役所
 【提出タイミング・期限】
   特に期限はないようです。
   でも放置しておくと忘れそう&年金未納になるので早めに。
 【リンク】
   社会保険庁(http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/kanyu_ans01.htm#qa0501-q542
   済んでいる市町村のサイトなど
 【内容】
   僕の住んでいる市町村では、年金手帳と印鑑を持参して市役所に行くだけでした。
   すぐに手続きしてもらえます。


4.健康保険任意継続申請
 【何?】
   会社員の時に加入していた健康保険を最長2年間継続できる制度です。
   保険料は会社と折半していたものを全額自分で支払わなければならないので、
   実質2倍になります。

   ただし、それでも国民健康保険よりは安い場合が多いですので、
   国民健康保険に加入した場合の保険料がいくらになるかを試算して、
   健康保険を継続するか、国民健康保険に切り替えるかを判断する必要があります。

   僕の場合は、健康保険を継続した方が、月額で1万円以上もお得でした。
   ちなみに、保険料滞納すると即資格喪失らしいです。
 【提出先】
   加入していた健康保険組合など
   会社退職時に会社に「健保の任意継続したいんですけど」と言えば
   手続きの仕方を教えてくれるはずです。
 【提出タイミング・期限】
   退職後20日以内。
 【リンク】
   社会保険庁(http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo06.htm
   各健康保険組合のサイトなど
 【内容】
   加入していた健康保険組合によって違うので、所属していた会社に問い合わせます。

   僕の場合は、申請書と1ヶ月分の保険料を現金書留で郵送しました。

   手続き期間中は、一時的に健康保険証がない状態になると思いますが、
   この期間中に医療機関を利用した場合等は、「任意継続の手続き中」である旨を
   医療機関に伝えて領収書などをもらっておけば、後日払い戻しを受けれるようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フリーランス - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2006/07/12(水) 10:02:30|
  2. フリーランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食べたくない子供達 | ホーム | 愛器その2(Fender Japan '62ジャズベ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bagineer.blog59.fc2.com/tb.php/4-938101f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

crossroad

Author:crossroad
関西在住。男。
フリーランスのソフトウェアエンジニア。
エレキベース(Rock&Roll)とお酒が好物でございます。

カテゴリー

タグリスト

Java F1 フリーランス ベーシスト HARRY TheStreetSliders iPhone FX お酒 Seasar Maven eclipse Wicket マイホーム 野球 プロジェクトファシリテーション Rails Ruby UML お店 ソフトウェア Tomcat S2Flex2 jsf Teeda Eclipse タグライブラリ ajax タスク europa mylyn trac 

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

Twitter


RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。