1. 無料アクセス解析

crossroad's Blog

Javaを中心にした技術ネタなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HARRY ライブCD & DVD


HARRY のライブアルバムDVD が届きました。


CDは同じセットリストで大阪と広島の2会場分、4枚組み!!色んな意味でスゴイ。

2ちゃんねるなんかによると、各地で録音していたみたいですが、
大阪と広島がCD化されったってことは、この2会場のデキが良かったんでしょうね。

聴いてみると、PAの違いなのか、大阪のほうが低音が出てる気がします。
広島のほうが音が軽い気がするけど、演奏のデキは広島のほうが良いかもしれない。
大阪は特に序盤が(悪く言ってしまえば)グダグダな感じも...(いや、それも生ならではの面白さですよ)
「歳でさぁ~」ってMCも思わず出ちゃったんでしょうか。

特にアルバムのタイトル曲「狼煙」は賛否両論...これも良いと言えば良いんですが、もとが良いだけに個人的には正直「あらら」って感じでした。

でも、HARRY的には大阪が楽しかったのかも。
改めて聴くとMCも「はいはい、どうもね~」からはじまって「ま~た来ちゃった」とリラックスしてた気がします。

まぁ両会場とも、良くも悪くも生々しい。
はっきり言って、メジャーでやってるバンドほどクオリティは高くないと思います。会場ごとにムラがあるし。
でも、人間らしさと言うか、本当に生々しさが出てたと思います。
きっと、僕も含めて、HARRY(のようなタイプのミュージシャン)のファンはこれを求めてるんでしょう。


DVDは、まぁカッコ良いですね。
「まぁ」ってのは、内容的にはCDのほうが良いと思うので、映像がある分まぁ良いかなと。

超短いインタビューも含まれていますが...HARRY自身はこのアルバム・ライブは100点満点ではなかったのかな。
結構厳しいと言うか、意外に悲観的なコメントでしたね。

「狼煙」自体、これまでスライダーズで築き上げてきたイメージを覆す1枚だけに、色々な思いもあったのかもしれません。
にしても「今の俺を出し切った」的なコメントでなかったのは、やはり意外でした。


春はツアーも控えています。
僕も京都参戦です。
今回は「狼煙」を中心に、ドラムス、ベースを従えて久しぶりのバンド形態!
ベースレスでひとつの完成を見た「狼煙」にどうベースが絡むのか、興味アリですね~
ギター・ボーカルにあわせてボトムに徹するのか、JAMES のように全く違うメロディを弾くのか...ベーシストの腕と言うかセンスの見所でしょう。
(まぁHARRYのリクエストが優先でしょうが)



スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/23(火) 01:24:58|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F1 2010開幕 バーレーン

今年もF1の季節がやってまいりました。

いや~毎年毎年、ニューマシンが走るのを見るのは楽しいですね。

今年は去年ほどのレギュレーション(規則)変更はないので、
それほど車の形が大きく変わった感はないですね。

見た目的には、フェラーリは筋肉質な感じでまぁまぁかな。
昨年の車のほうがデザインは好きでした...遅かったけど。
個人的には、ザウバーとかロータスのようなシンプルなラインがカッコいいですね。
逆にダサいと思うのはメルセデス。ノーズが変だよ...


ドライバーに関しては、フェラーリに移籍したアロンソが本命かな。
でもどっちかと言うとマッサに頑張ってもらいたい。
それとメルセデスから電撃復帰したミハエル・シューマッハも気になるところ。
唯一の日本人、小林可夢偉もちょっと期待。関西弁イントネーションなのが親近感持てます。
(中島一貴は、なんだか優等生ぶったコメントが多くてあんまり...だった)


あと、今年は、レース中の給油が禁止になったのが最も大きい変化のようです。
スタートからゴールするまでに必要な 240kg 近いガソリンを積まないといけないので、
相当車が重くなるのと、レースが進むに連れてガソリンが減って車が軽くなっていく
ことによる車の挙動の変化が難しいようです。



で、開幕戦のバーレーンは、なんとフェラーリの1・2フィニッシュ。
こんな勝ち方、いつ以来だろうか...
アロンソがいきなり優勝で、さすがと言う感じでしたね。
マッサもほぼ同じペースで付いて行っていましたし、今年のフェラーリは強そうです。



最後に、フジTV。
まぁ去年みたいなオープニングの変な演出とかはなくなったのは良いんですが、
相変わらずF1ファンの心理をわかってないなぁと言わざるを得ないですね。

人気のドライバーばかり紹介して、他のドライバーにはまったく触れず。
F1に限らず、フジはどうしてこうヒーローを担ぎ上げたがるのか。
「カムイ、カムイ」日本人びいきばっかりでうるせーっての。

モータースポーツの醍醐味である、マシンのメカニカルな解説も見事なまでに皆無。
解説の森脇さんも、もっとメカのことしゃべりたいんじゃないのかなぁ...
オープニングもドライバーの顔しか出てこなくて興冷め。
昔のゾクゾクするオープニングが懐かしくてしょうがない。


最後愚痴っぽくなりましたが、今年も面白くなりそうです。
  1. 2010/03/16(火) 00:18:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイホーム建築プロジェクト #15 ホームセキュリティ

ウチはデザイン重視なもので、雨戸の類はいっさいついていません。

それほど大きな窓もないのですが、入ろうと思えば難しくないような気もするので、
ホームセキュリティを導入すべきかどうか悩んでいたところ...

最近、町内で空き巣被害があったとの回覧がまわってきました。
「これはやっぱりホームセキュリティ入れた方がいいな」と言うことで
この度、ホームセキュリティの導入を決断しました。


関西でホームセキュリティと言えば、セコム、ALSOK、関電SOS の3つが候補です。

ザッと調べた感じでは、

 ・セコムは3社の中では一番サービスが充実していて、導入実績も多い。
  反面、費用もズバ抜けて高い。

 ・ALSOKはセコムには及ばないものの、ほぼ同等のサービス内容。
  で、費用は結構安い。

 ・関電SOSは費用は一番安い(と言っても、ALSOKとそれほど変わらない)ですが、
  サービス内容は見劣りしてしまう。

と言う感じだったので、ALSOKにしました。

機器レンタルなら、月々6,000円程度。
思ったよりは高くないけど、年間72,000円と思うとやはり大きな負担です。

でも、賃貸マンション時代に一度空き巣にやられた経験から言うと、
一度入られると怖くて安心して住めなくなる(特に、夜安眠できなくて、生活が狂ってくる)ので、
それを思えばやむを得ないです。

ちなみに、侵入経路で多いのは、勝手口とトイレの窓だそうです。
換気扇やルーバー窓から入られることもあるとのこと。


なお、インターネット(光回線とか)を使ったホームセキュリティでは、
ネットワーク機器(ルーター)と、警備コントローラを有線で接続する必要があるそうです。

大抵、ルータは家の目立たないところ(ウチはクローゼットの中に隠してます)にある反面、
警備のコントローラは玄関やリビングなどに設置することになるので、
この間の配線が気になります。せっかくの新築で、壁に配線を這わせたくないですしね。

ウチの場合は、将来的に電話などを引けるよう、数カ所に配線を通すためのパイプ?を
設置してもらっていたので、それを利用することで壁の中を配線できそうなので良かったですが、
ホームセキュリティを導入することを考えているなら、
建築時点であらかじめ配線を考えておいたほうが良い
と思います。

ちなみに、有線なのはコントローラだけで、各種のセンサーは無線だそうです。
(電源も電池なので、一切の配線が不要とのこと)




テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

  1. 2010/03/11(木) 00:10:28|
  2. マイホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラウド・コンピューティング でIT土方は変わるか...

最近流行りのクラウド・コンピューティング。
まさにその名の通り、なんとも実体のはっきりしない、雲のような言葉です。

基本的に、Web2.0 とか グリッドコンピューティング とか、この手の言葉は大手ベンダーが
ユーザに「何かよくわからんけど、目新しくて良さそう」と思わせるための宣伝文句だと
思っているのですが、今回はちょっと気になる。

M$のエライさんが「1年後には9割の技術者はクラウド関係の作業をする」 とかなんとか...

IBMや、日本の大手ベンダーも、クラウド、クラウド言ってます。
まぁ今のところ、僕の周りでは具体的に何かが変わったような感じはありません。

ただ、もし本当にクラウドがソフトウェアの提供形態の大半を占めるようになるとすると、IT技術者の在り方は随分変わりそうな気がします。
2ちゃんなんかで「IT土方」と揶揄される今のIT業界のビジネスモデル(下請けに出して、人件費のマージンで稼ぐ)も、通用しなくなるかもしれません。


今までのような、あるユーザのためのシステムをオーダーメイドで作って納品して終わりではなく、IT企業がシステムをサービスとして提供し、維持し続けないといけなくなると思っているのですが、それは非常に難しい...とくにもはや労働力を売るだけと化してしまった日本のほとんどのIT企業にとっては...と思います。

おそらく、多くのユーザに低コストでサービスを提供して利益を出すスキームになると思うので、提供するサービスは色々なユーザに使ってもらえるような汎用性を備えつつ、各ユーザ独自の業務にもある程度対応できなければならないと思います。
(1社や2社のユーザに利用してもらうだけでは、到底採算は撮れないはず)

それには、例えば販売管理のためのサービスなら、色々な企業の販売管理業務を調査・分析して共通項を見出してシステムの仕様を策定していかないといけないはずで、相当な業務知識・ノウハウが必要になるはずです。

それに、各ユーザの個別要件にも追従できるようなカスタマイズ性、しかも、早く・安く変更できるようになっていたほうが良くて、そのためにはシステム内部をコンポーネント化するなどの高度な設計が必要です。


それと、サービスを提供するためのインフラも用意して維持運用しないといけないとなると、かなりの体力がないと無理です。
まぁ自前で用意しなくても、他社のデータセンターを利用したりもできるでしょうが、そうなればその分のコストがかかり、それはユーザのサービス利用料に乗っかってくるので、当然、競合サービスとの競争力は落ちますよね。


まぁ詳しいことはよくわかってませんが、とにかく、自前でサービスを構築・提供・維持運用できるようなIT企業となると、かなり数が限定されてくるでしょう。
で、そこから外注される仕事の内容も限定的になるでしょうし、仕事量も減るはずです。
益々、IT企業、IT技術者の淘汰は進むのではないかと思えます。

となると、僕のようなフリーランスにとっては、またまたマイナス材料なわけで...
うまい具合に、大手ベンダーのクラウドサービスの立ち上げプロジェクト(?)みたいなのにでもアサインできれば良いんでしょうが...


と言いつつ、クラウドは日本の企業風土には合わなくて、普及しないような気がしないでもないです。
日本企業の業務は独自文化と例外の嵐...システムもいかにそれらに対応できるかが命と言っても過言ではないくらいなので、サービス化されたシステムが受け入れられるのかどうか、ちょっと疑問ではあります。

それに、情報社会の今では情報管理は企業活動の至上命題。情報管理を誤ればいっきに倒産なんてこともありえますから、そういった情報を自分たちのインフラではないところに預けると言うのに不安もあるのではと思います。
(そういう意味では、クラウドの案件に関わる技術者に対する情報管理はより厳しくなるでしょうね)


ま、ここ1~2年が運命の分かれ目と思っています。(とか毎年言ってますが)

テーマ:フリーランス - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2010/03/08(月) 01:17:24|
  2. ソフトウェア開発 一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:crossroad
関西在住。男。
フリーランスのソフトウェアエンジニア。
エレキベース(Rock&Roll)とお酒が好物でございます。

カテゴリー

タグリスト

Java F1 フリーランス ベーシスト HARRY TheStreetSliders iPhone FX お酒 Seasar Maven eclipse Wicket マイホーム 野球 プロジェクトファシリテーション Rails Ruby UML お店 ソフトウェア Tomcat S2Flex2 jsf Teeda Eclipse タグライブラリ ajax タスク europa mylyn trac 

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

02 | 2010/03 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

Twitter


RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。