1. 無料アクセス解析

crossroad's Blog

Javaを中心にした技術ネタなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラ・キュベ・ミティーク(赤ワイン)

ラ・キュベ・ミティーク


お酒インプレッション。
今回は久しぶりに赤ワインを買ってみました。

ワインはもっぱら赤専門なのですが、お気に入りは「ラ・キュベ・ミティーク」です。

等級は、Vin de pays。地ワイン。。。らしいです。
まぁそれほどワインに詳しくもないので等級は気にしませんけど。。。

ボディはミディアムボディ。
渋すぎない程よいコクがあると思います。
僕はお酒はクセが強いものが好きなので、フルボディのほうが好き
なのですが、これは物足りなさは感じません。
開栓後、2~3日経ったくらいがベストですが、待ちきれずに飲んでしまいます。

お値段は、1200~1400円程度と安いです。
安いフランスワインはイマイチ。。。らしいのですが、
これはオススメです。


注意点はコルク。
コルクの長さが他のワインと比べると若干長いので、抜く時に
無理に引っこ抜くと途中で切れてしまいます。



スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/30(日) 23:52:05|
  2. インプレッション その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

案件面接での質問事項

僕が生業(?)にしているような、作業支援型のソフトウェアエンジニアの場合、
プロジェクトに参入する前に必ず面接があります。

7月に入ってからも数件面接したのですが、ここでその面接での質問事項を
まとめてみたいと思います。

尚、質問することは非常に重要です。
自分にとって有利なプロジェクトかどうかを判断する為と言うのが最大の
目的ですが、質問することによって先方からの評価が良くなり、採用してもらえる
可能性がグッとあがります。

僕の場合は、事前に質問することをノートに箇条書きにしておき、
面接の場でひとつひとつ質問します。
質問の数も多いので嫌がられそうですが、遠慮している場合ではありません。

○案件について
 ・新規システム開発/既存システム改定/保守運用
  当案件が、新規のシステム開発か、既存システムの改定か、保守運用か、
  を確認します。

  個人的には、新規開発以外は対象外です。

 ・参画した場合の役割・作業内容
  参画した場合に自分が担うことになる役割や、担当する作業内容を
  確認します。

  また、逆に自分の希望を伝えてそれが可能かどうかも確認します。
  「私は○○のような作業に携わりたいのですが、御社プロジェクト
  でそれは可能ですか?」と言う感じです。
  希望とかけ離れた作業しかできないのであれば、お断りしてしまいます。

 ・就業時間・休憩
  就業時間(開始・終了時刻)、休憩時間を確認します。

 ・残業・休日出勤の見込み
  残業や休日出勤の発生見込みを確認します。
  既に動いているプロジェクトであれば、現在の残業・休出発生状況
  を聞きます。
  いきなり「残業して下さい」と言われてしまうと、ちょっと危険な
  匂いを感じます。

 ・作業場所
  実際に作業を行なう場所です。
  客先に常駐する等、面接を受けた場所とは違うことも多々あります。

 ・作業端末の手配
  作業用のパソコンを、客先で用意してもらえるのか、こちらで用意して
  持ち込むのかを確認します。
  最近はセキュリティの観点から、客先で用意されることが大半です。

 ・インターネットの利用可否
  Webブラウジングや、外部メールの送受信等、インターネットの利用可否
  について確認します。
  最近はセキュリティ確保の為、インターネット接続が禁止されている
  ことも珍しくありません。

 ・面接担当者
  これは直接質問するわけではありませんが、先方の面接担当者を観察します。
  ・「プロジェクトを成功させるぞ」と言う覇気があるかどうか、
  ・人選にどのようなウェイトを置いているか、
  ・年齢層はどのくらいか
  等を見ます。
  面接担当者の雰囲気が良くない(重い、覇気が感じられない等)場合は、
  プロジェクトに問題がある、あるいは発生する予兆だと思いますので、
  避けてしまいます。

○プロジェクトについて
 ・ユーザ
  プロジェクトのユーザは誰(どの企業か)を確認します。
  ユーザの特色などもあるので、ユーザがわかるとプロジェクトの雰囲気が
  わかることも少なくありません。
  「あぁ。。。あのユーザ厳しいって評判だな」とか。

 ・システムの概要
  扱うシステムの概要を確認します。
  どのような業務(販売管理とか、会計とか、官公庁とか)を対象にしているのか、
  どのような機能を持ったシステムなのか、等です。

  できれば、特殊な業務よりも一般的な販売管理や会計の方が、別の現場でも
  経験として活きると思います。

 ・規模
  プロジェクトの規模。大体何人月くらいか、を聞きます。
  あまり大規模になると、プロジェクトの全景が見えなくなってしまうので、
  全体の動きが見えるくらいのほどほどの規模が好きです。

 ・納期
  プロジェクトの納期、システムのカットオーバーの予定日を確認します。
  2年も3年も先だと、ゴールが遠すぎるので敬遠してしまいます。

 ・現在の状況
  プロジェクトの現在の状況です。
  まだ何もはじまっていない、要件定義まで済んでいる、設計まで済んでいる、等。

  できればプロジェクトの序盤で参入した方が望ましいと思います。

 ・スケジュール感
  今後のスケジュール。「○月○日までに△△をする」と言った詳細でなくても、
  「設計は○月中、製造は○月から○月、その後テスト。。。」と言った
  おおまかなスケジュール"感"でも良いです。

  相手先にスケジュール感がない場合、作業計画や進捗管理といったプロジェクト管理
  に問題が起こる前兆だと思っています。

 ・体制
  プロジェクトチームの体制。
  どういう役割の人間が何人いるのか、サブチームはどう分かれているのか等。

 ・開発プロセス
  採用している開発プロセスを確認します。
  大手開発会社であれば、何らかの開発プロセスを定義しているはずです。
  中小になるとこれと言った規定がなく、プロジェクトマネージャの裁量任せ
  になっていることが多いと思います。

  最近の注目はアジャイルプロセスですが、まだ導入しているプロジェクトはごく
  わずかなようです。

 ・テスト方針
  どのようにテストをするかは非常に重要な要素ですが、その方針を確認します。
  最近はxUnit等の自動テストツールを使うことも少なくありません。

 ・開発標準
  ドキュメント体系や雛形、各種規約類といったシステム開発にあたっての
  標準が策定されているかどうかを確認します。
  最近ではUMLで設計ドキュメントを作成することも多くなっているようです。
  標準なしで行き当たりばったりでいくと、成果物の品質が悪くなりがちです。

  個人的には、こういった標準化作業が好きなので、あえて開発標準がない
  プロジェクトと言うのも魅力です。

 ・成果物
  プロジェクトの成果物(最終納品物、各工程の中間成果物)は何かを
  確認します。
  成果物をしっかり定めていないと、プロジェクトの進行に必ず問題が生じます。

 ・チャレンジ
  プロジェクトで何かにチャレンジしているかどうか。
  「今回は、新しい技術である○○を導入してみようと思っています」等のように
  チャレンジ精神があるとプロジェクトの士気が高く、前向きに物事を考える
  事ができるだけの余裕があると推測します。

○使用技術について
 ・開発言語
  使用するプログラム言語。Java、.NET系、PHP、Ruby、Python等。。。
  僕はJava専門なのでJava以外は対象外です。

 ・インフラ
  ハードウェアや、OS(Unix、Linux、Winなど)、アプリケーションサーバ、
  DBMS等を確認します。
  得意なアプリケーションサーバやDBMSがあるとアピールポイントになります。

 ・使用ツール
  開発にあたって使用が指定・推奨されているツールを確認します。
  JavaであればEclipseが一般的です。
  稀に特殊なものもありますが、他の現場に応用が利きにくいので避けます。

 ・フレームワーク・ライブラリ
  使用するフレームワークやライブラリを確認します。
  最近のJavaのトレンドでは、Struts+Spring+Hibernate か Seasar2 なようです。

  開発会社が独自開発したフレームワーク等もよくありますが、こういうのは
  他の現場に応用が利きにくいので敬遠します。
  (一般的に知られていないナイスアイデアを知ることができるかもしれませんが)

 ・特殊技術
  その他、特殊な技術を使っているようであれば確認します。
  例えば、AJAX等です。

○契約について
 ・単価
  契約単価を確認します。
  関西圏だと、プログラマで40~55万、SEで50~65万、上級SEでそれ以上と
  言った相場のようです。
  (ただし、派遣会社を経由するとさらに安くなります)

 ・作業時間枠
  単価にも関係しますが、例えば160~180時間は55万、180時間を超えた分は増額、
  160時間を切った分は減額、と言う契約形態が良くあります。

  残業が多いと思われるプロジェクトでは、このような時間枠での契約が有利です。
  逆に残業が少ない場合は、月額固定のほうが良いこともあります。

 ・締結期間
  契約の締結期間。大抵は3ヶ月あるいは1ヶ月単位で更新のようです。

 ・旅費交通費の支給
  作業場所への通勤にかかる交通費、あるいは出張発生時の交通費支給について
  確認します。
  前者は契約単価に含まれている為、別途支給されないことが多いようです。
  後者は契約単価とは別に支給されることが多いです。
  


その他、同業者の方で「俺はこんな質問するよ」と言うのが
ありましたら教えていただければ幸いですm(_ _)m

テーマ:フリーランス - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2006/07/27(木) 20:24:32|
  2. フリーランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

フレーズをデータベース化する(案)

バンドでオリジナル曲をやるようになると、必然的に
ベースラインも自分で考えなければなりません。(当たり前ですよね)

これが面白い反面、かなり難しくて、要は正解のない、センスの世界
なので凝ってやりだすとキリがありません。
しかも凝りに凝って考えたフレーズより、はじめにパッと思いついた
もののほうが良かったりするから性質が悪い。

で、オリジナルのベースラインを考えるには音楽理論(コードやスケール)
である程度法則がある(と言ってもいかに法則を外すかもセンス)のですが、
より重要なのは「自分がどれだけフレーズの引き出しを持っているか」です。

で、この引き出しですが恐らく大半の人は自分の頭の中、あるいは
手癖で覚えていると思います。
しかし、頭の中や手癖として覚える(=「自分のモノにする」)には、
かなりの集中と反復が必要だと思うんです。

思いついたフレーズや、日常聞こえてくる音楽から「これは」と言う
ものを、「自分のモノにする」のは大変だと思います。

そこで、職業柄こういう問題があると、「システム化できないか」と
言う事を考えます。
つまり、フレーズを登録・検索できるようなデータベースがあると良いんじゃないかと。

データベースには、
 ・フレーズ
 ・使っているコード、スケール、音
 ・特徴(雰囲気とか、どう言った場面で使えそうとか)
等を登録していきます。

で、自分でベースラインを考える時に
 「こんな場面で使えるフレーズってあったかなぁ」
とおもむろにデータベースを検索すると
 「あぁ、こんなフレーズもあったな」
となって便利じゃないかと。


とここまで書いていきながら、そもそもデータベースに登録すること
自体が面倒と言う致命的な問題もあるのですが。。。
あと、作るのが大変そう(汗

まぁお蔵入りする可能性大なアイデアですが、いつか暇なときに
勉強も兼ねてシステムを作ってみようかな、と思ったりします。

  1. 2006/07/26(水) 00:54:38|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指の筋力アップで演奏が楽に

ベースはギターに比べると弦が太く、ネックも長いので
演奏には結構力が必要です。
特にローポジションを多用する曲では1曲演奏するだけで
手が痛くてしょうがない、と言うときがありました。

 # 演奏のフォームによって随分違いますが。。。
 # 僕の押弦フォームは、親指をネック裏にあてるいわゆる
 # クラシックスタイルというフォームです。
 # この場合、握力で弦を押さえようとするとかなりしんどい
 # ですが、親指を支点にして手首を動かし、テコの原理で
 # 弦を押さえるとかなり楽になります。

そこで、普段から指の力を鍛えるようにしています。

僕はGRIPMASTERと言うツールを使っています。
(楽器店に行くと良く売っています)
毎日、練習前にこれを使ってウォーミングアップも兼ねて筋力トレーニングしています。

GripMasterR

僕はピッキングは2フィンガーですので、右手は人差指と中指を中心にトレーニングしています。
↑のように親指・人差指・中指でGRIPMASTERを握ります。
だいたい、100回×2セットくらいやります。

GripMasterL1

左手は4指全てトレーニングします。
これも100回×2セットくらい。

GripMasterL2

左手はもうひとつ、実際にネックを握るのと同じ形でトレーニングします。
これは結構キツクて、50回×2セットくらいしかできません。


かれこれ半年くらい続けていますが、押弦が楽になった実感があります。

「ベースを弾いていると手が痛くてしょうがない」という方、
フォームの見直しと同時に、指の筋力アップもオススメです。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2006/07/25(火) 13:23:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝起きは集中して練習できる(!?)

日々、(ベースの)練習をしているわけですが、
どうにもこうにも集中できない時があります。

左手の押弦がミスりまくる
右手のピッキングが安定しない
リズムが取れない
。。。等、とにかく練習している自分自身で「駄目だこりゃ」と
いう時があります。

今日もそんな感じだったので、
 「こんなので続けてもしょうがない」
と思い、練習中止。
ゴロリと横になってウトウト昼寝。。。

# 何故平日の真昼間からベースの練習をしたり、
# 昼寝したりしているのかと言うと、今はフリーランスとして
# 活動開始前の長期休暇中なのです。
# プータロー(フリーター、ニート)ではないですよ。
# ちゃんと個人で開業していて、次の仕事の営業活動もしているのです。

1時間程して起床。頭がスッキリした感じ。
 「おしゃ、ベースの練習するか」
と練習再開すると。。。おぉ、なんだか良い感じ。

左手の感覚も敏感になってミスも少ない。
ピッキングも安定して良い音でてるじゃん。

仕事で徹夜した時なんかも、ちょっと仮眠を取るだけで
随分違いますが、楽器の練習にも効果アリなようです。

朝練とかしたほうが良いんだろうか。。。
そういえば、プロミュージシャンの人なんかは朝練する人も
少なくないみたいですが。。。

  1. 2006/07/24(月) 18:55:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽を始めた理由

僕が音楽を始めた理由は、他のミュージシャン(プロ/アマ)に比べると
やや特殊だと思います。

僕は、正直、根っからの音楽好きではありません。
学生の頃からほとんど音楽は聴いていなくて、クラスメイト達が
TM Networkだ、米米クラブだ、BOOWYだ、B'zだ
と言っている中、興味薄でした。



そんな僕が音楽を始めたのは、20代後半になってからです。
知人のバンドのメンバ脱退に伴い、「一緒にやってみないか?」
と声をかけてもらったのがきっかけです。
(恐らく、冗談半分だったと思いますが。。。)

引き受けるかどうかは悩みました。
他のメンバに迷惑はかけたくなかったので、中途半端な気持ちで
引き受けてはいけないと思っていました。

数日考えた末、引き受けることにしました。
当時、自分の将来や今後の人生について、違和感や不安を感じていた
のですが、その答えとして音楽をやろうと決めました。



僕の仕事はソフトウェアエンジニアです。
この職業に就くまでに紆余曲折があってようやく自分にあった職業
に就けたので、この職業についてからは自分の時間・労力の大半を
仕事に費やしました。

学校でこの分野を学んだわけでもなく、全くの素人からのスタート
だったので、プログラミング等は全て独学で学習し、資格試験も
積極的に受験していました。
その甲斐あって、職場ではそれなりに高く評価してもらい、
ますます仕事に打ち込んでいました。
仕事の話が大好きで、書店のコンピューターコーナーに行くたびに
ワクワクするほど、ソフトウェアエンジニアと言う仕事に集中していました。


そんなある日、知人が経営するバーに行った時、気持ちが揺らぎました。
バーのマスターである知人は、同時にバンドマンであり、その店には
音楽が好きなお客さんが集う場になっていました。
そしてそこでは、音楽を通じて老若男女、色々な人達の非常に「濃い」
人間関係があったのです。

それを見た時、僕は自分の周囲の人間関係の希薄さに気付きました。
「仕事にばかり打ち込んで、大事なものが形成されていないのではないか」
「このままで人生が豊かになるのだろうか」
「もっと色々な人と「濃い」付き合いをしたほうが、自分の人生の幅も広がるのではないか」
そう思いました。
(もちろん、仕事上で形成される人間関係もありますが)



また、同時期に仕事に対する考え方も変わっていました。
仕事といっても所詮はサラリーマン。
雇われの身である以上、雇い主たる会社の方針に従わざるを得ず、
自分の思い通りにならないことが多いと感じていました。
もっと達成感のある仕事を、スキルアップできる仕事を。。。
と望んでも、会社の利益の為には地味な仕事をコツコツとこなさざるを得ず、
ストレスが溜まっていました。

「自分がコントロールできない要素が多すぎる。
 こんな事に全精力を費やしてしまって良いのか」

そんな風に考え、仕事以外に自分の人生の基盤になるものを探そうと
思っていました。
そんな時に、バンドへの加入を誘われたのです。



。。。と言うわけで、僕が音楽をはじめたのは音楽好きだからではなく、
自分の人生の基盤・糧としてです。

正直、この「根本的に音楽好きではない」と言う事に若干の不安はあります。
今は自分にとって音楽をするのは自然な事と言うよりは、半ば無理矢理に
理由付けしてやっている状態です。

ただ、もう数年になるので、随分音楽と触れることが自然にはなってきました。
これからも音楽を続けて、人生の糧を得て行きたいと思います。




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2006/07/22(土) 03:28:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界中の人に自慢したいよ

NHKで忌野清志郎のライブやってます。

忌野清志郎と言えば、RCサクセション。
CDは持ってますが、正直あんまり聞いてなかったんですが。。。

「世界中の人に自慢したいよ」めっちゃ良いやん。

歳のせいか、バンドのせいか、最近は曲重視で歌の歌詞に何かを感じることは
なくなっていたんですが。。。この歌は歌詞が良い。

清志郎のボーカルもその良さを引き立ててますね。
魂がこもっていると言うか、カッコつけてないのがまたカッコいいんですよね。

なんだか純粋なバラード。
変に飾り立てて「愛」だとかキレイな言葉を並べ立てるバラードではなく、
本当に純粋な感情を歌ってる感じ。
この辺は作詞のセンスと言うか、はっきり言ってレベルが違うなぁ。

# 作詞のセンスと言えば、もう1人、吉井和哉。
# 恋愛を題材にしても、人間本来のエゴとか欲望とか
# 恋愛の汚い・生々しい側面を描いた歌詞。
# でも誰にだってそんな側面はある。キレイ事ばかりじゃない。
# だから吉井和哉の歌詞は好きでした。

本当にひさしぶり(10年ぶりくらいか!?)に涙が出そうになるほど
心に染み渡る歌詞でした。

# あ、そういや最近、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」で
# 泣きそうになったんだった。

こりゃCD買わなきゃ。
。。。と思ったら、Apple Music Storeでは扱ってない。
Amazonでも品切れ。ぬぉ~!!



忌野清志郎、数少ない本当のミュージシャン。
喉頭癌とのことだけど、完治して復活することを祈ります。

テーマ:!!ROCK!! - ジャンル:音楽

  1. 2006/07/16(日) 02:39:58|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メーカーズ・マーク(バーボン)




お酒インプレッション第二弾。
バーボンウイスキーの「Maker's Mark」です。

非常に良くできたと言うか、良くも悪くもノーマルな印象です。
特にクセが強いと言うわけでもなく、かといって物足りないところもない、
と言う感じですごく飲みやすいです。

個人的にはクセの強いお酒を好むのですが、クセのあるお酒ばかり飲んでいると
たまに普通のを飲みたくなり、そういう時にうってつけです。

特徴はボトルの栓ですね。
溶かしたゴム(?)で密栓されていて、垂れ下がったゴムが良い味を出しています。

あと、写真の「レッドトップ」以外に「ブラックトップ」と言う
ちょっと高めの種類もありますが、飲んでみた違いはあまりわかりません。。。

ちなみに価格は、ディスカウントショップで2000~2500円くらいでしょうか。

バーボン初心者にはオススメです。

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/16(日) 01:25:27|
  2. インプレッション その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセス数にびっくり

昨日から今日のアクセス数を見て驚きました。

まだブログ開設から数日ですが、それまで2~3人しかアクセス
して頂けていなかった(ToT)のが、昨夜から今日だけで40アクセス近くに!

昨夜の記事と言えば、堂本光一ネタ(?)だったのですが、
まさにジャニーズパワーでしょうか。。。ほんと驚きました。

しかし内容的にはジャニーズには関係のないネタで、
訪問して頂いた方々をがっかりさせてしまったかもしれません(汗

それにしても皆さんどこからこのブログに辿り着いて来られたんでしょうか。。。?
ちょっと気になります。

  1. 2006/07/15(土) 16:00:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

見えている色は本物か!?(堂本光一に共感)

今TVで堂本光一が

「人間が見えている色は、物体に光があたって反射した色であって、
 その物体の本当の色は何色かはわからない」

とか言ってました。

いや、実はコレ、僕も常々思っていたんですよね。

本当は何色なんだろう?
もしかしたら本当は全てモノクロかもしれない。
エグイ原色かもしれない。

本当の色を知るにはどうしたら良いんだろう?
どうやっても知ることができないのでは。。。

不思議だ。
  1. 2006/07/15(土) 01:05:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピックアップフェンスを装着

PB with Pickup Fence


'57プレベにピックアップフェンスを装着してみた。

写真、ボディ中央部の金属製のカバーがそれです。
最近のエレキベースには付いていないのが普通ですが、
昔(1950~70年代ころ)は標準装備されていたようです。

本来の役割は、ピックアップの磁界密度を上げることを
目的としたパーツらしいですが、見た目を変えて気分転換
しようと言う事で装着。

結果。。。

・単純にジャマになる。
 僕は2フィンガーで弾くのですが、プレベのピックアップの真上
 で引いた音が好きではありません。
 なんだか弦の「ビーン」と言う振動音(?)が出すぎてしまうのが嫌なんです。

 なので、ピックアップフェンスを付けても邪魔にはならないだろうと
 思ったのですが。。。やっぱり邪魔でした。

・音が変わる。
 磁界密度とやらが上がるせいか、音が微妙に変わった気がします。
 角張った音になると言いますか、なんだかエッジが強調された感じです。

 僕はプレベのある意味しまりのないベースらしい「モワーン」とした
 音が好きなので、好みの音ではなくなってしまいます。


結論。
やっぱりピックアップフェンスはいらない。

と言う事で、早々に取り外しちゃいました。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2006/07/15(土) 00:09:46|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりにプロントへ


久しぶりにプロントにて夕食。


つい先日まで仕事の都合で東京にいて、よくプロントに
行っていたのですが、関西に帰ってきてからは初。

と言うか、プロントって関西に少ないなぁ。
東京だと数十メートルの距離に2店舗あったりしたけど。


それはともかく、プロントはお酒が豊富なのと雰囲気が良い。
バーに行くほどガッツリ飲む気はないけど、ちょっとおいしい
お酒が飲みたい、って時に気軽に入れる。

特にビールの泡。
缶ビールのそれでもない、安い居酒屋のそれでもない。
ちゃんとした泡。泡だけで随分ちがうもんですね。


たびたび通ってしまいそうな予感。
  1. 2006/07/14(金) 01:24:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タンカレー(ジン)

GIN Tanqueray


僕はお酒(主に洋酒)が非常に好きで、良くボトルで
ウィスキーやらジンやらラムやらを買います。

そんなわけで、お酒のインプレッションをしていきたいと思います。
ただし、それほどお酒のウンチクを知っているわけではないので、
内容は大したことは書けません(汗


第一弾は、「タンカレー」ジンです。

「ビーフィーター」や「ゴードン」と並んで良く目にするジンですが、値段は若干高めです。

香りがとても良いので、ストレートでもおいしくいけちゃいます。(47度)
もちろん、ロックやジンライムもおいしいです。

ジントニックにしてもおいしいのですが、知人のバーテン曰く
「トニックにはビーフィーターのほうが良いかな」らしいです。


個人的にジンを買う時はもっぱら「タンカレー」です。
酒類のディスカウントショップで1500~2000円程度で売ってます。
1本買えば2ヶ月は楽しめますね。


普通、ショットバーなんかで「ジン○○」と注文すると
「ビーフィーター」や「ゴードン」が使われることが多いと思いますが、
「タンカレーで作って」と言えば大抵そうしてもらえると思いますので一度お試しを。

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/12(水) 23:37:08|
  2. インプレッション その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食べたくない子供達

今、夕方のニュースで食事を食べたくない、残してしまう子供達
の問題を取り上げていた。

好き嫌いもあるが、食べ物を残すことへの抵抗感がないように見えた。
農家で農業を体験したり、学校の先生の指導などの対策を取っていて
序々に効果は出ているらしいですが。。。
僕が小学生のころは居残りして無理やり食べさせられたものですが、
今はそんなことをすると学校が親に怒られてしまうんでしょうか。

と言うか、やっぱり親のしつけと言うか、家庭の問題だと思う。
親が「食べたくなかったら残しな」とか言ってるようでは。。。


そういえば先日、とある現場の方々とランチに同席した際、
きれいにライスだけ残している人がいた。
残すのが当たり前なようで、見事なくらいおかずだけ完食。。。
大の大人がそんなんだから、子供が食事を残すのも無理はない。


ちなみに僕は絶対に出された食事は残しません。
特にご飯粒は1粒たりとも残しません。
(鍋物とか、大皿に乗ってきて皆で取り分ける料理は除く)

親しい人と同席した時なんかは、他の人が残した分も食べます。
(それでお腹を壊すこともしばしば。。。)

どうも残すことへの抵抗があって残せない。
それこそ、農家などの生産者の人、料理を作ってくれた人の顔が
浮かぶようで申し訳ない気持ちになる。


物が豊富なこの時代、食事残して困ることはないでしょうが、
それが当たり前と言うのはいかがなものかなぁと思う。

  1. 2006/07/12(水) 18:54:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリーランスことはじめ

既にフリーランスとして開業している僕ですが、会社を退職してから
開業するにあたっての諸手続きをまとめてみます。

ひとまずは、これくらいをやっておけば最低限OKと思います。
あとは必要に応じて、国民年金基金に入るとか、小規模企業共済に入るとか
を考えます。(僕はとりあえず入ってません。儲かったら入ります)

1.開業届け
 【何?】
   事業開始しました、と言う届出。
   やらないと何かペナルティがあると言うわけでもないようですが、
   やっておくと税務署から確定申告の案内などが来るらしいです。
 【提出先】
   所轄の税務署
 【提出タイミング・期限】
   事業開始した日から1ヶ月以内(事業開始前に出しても構わない)
 【リンク】
   国税庁(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/04.htm
 【内容】
   上記リンクにある「個人事業の開廃業等届出書」に記入して
   税務署に持っていくだけ。
   個人の場合「屋号」は悩みどころですが、僕は自分の氏名にしてしまいました。

   税務署職員が記述内容を確認して「あぁOKです」であっさり終了。
   わずか5分ほどだった。。。
   提出の際は、税務署の受付印付きの控えをもらえるので忘れずにもらっておこう。


2.青色申告申請
 【何?】
   確定申告を「青色申告でやりますよ」と言う申請。
   これをやっておかないと白色申告になってしまいます。
   青色申告は白色申告に比べて面倒な代わりに色々な特典(税金が安くなるなど)が
   あるので、青色申告がオススメ。
 【提出先】
   所轄の税務署
 【提出タイミング・期限】
   事業開始後、2ヶ月以内。(事業開始前に出しても構わない)
   ただし、1月15日までに開業した場合は同年3月15日まで。
 【リンク】
   国税庁(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/09.htm
 【内容】
   これまた上記リンク先の「所得税の青色申告承認申請書」を記入して
   税務署に提出するだけ。開業届けと一緒に出すのが良い。

   ポイントは「簿記方式」で、
    ・複式簿記・・・年間65万円の所得控除が受けられる。
            単純に考えると所得税が6万5千円安くなる。
    ・簡易簿記・・・年間10万円の所得控除が受けられる。
            つまり所得税が1万円安くなる。
    ※年間所得が330万円以下(所得税率10%)の場合。
     所得に応じて税率があがる。
   の違いがあって、要はちゃんと記帳すれば所得税がお得になりますよ、と。

   複式簿記は簿記の知識が無いと自力は難しい(らしい)ですが、
   やよい会計などの会計ソフトを使えば自動的にやってくれます。
   僕も「複式簿記」で提出しました。

   これも、受付印付きの控えをもらっておこう。

3.年金の切替(厚生年金→国民年金)
 【何?】
   会社勤めの時は厚生年金ですが、会社を退職すると国民年金に切り替えないといけません。
   昨今は国民年金未納や、年金の破綻などが社会問題化してますが、
   まぁ国民の義務としてまじめにやりましょう。
 【提出先】
   市町村によって違うと思いますが、大抵は市役所
 【提出タイミング・期限】
   特に期限はないようです。
   でも放置しておくと忘れそう&年金未納になるので早めに。
 【リンク】
   社会保険庁(http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/kanyu_ans01.htm#qa0501-q542
   済んでいる市町村のサイトなど
 【内容】
   僕の住んでいる市町村では、年金手帳と印鑑を持参して市役所に行くだけでした。
   すぐに手続きしてもらえます。


4.健康保険任意継続申請
 【何?】
   会社員の時に加入していた健康保険を最長2年間継続できる制度です。
   保険料は会社と折半していたものを全額自分で支払わなければならないので、
   実質2倍になります。

   ただし、それでも国民健康保険よりは安い場合が多いですので、
   国民健康保険に加入した場合の保険料がいくらになるかを試算して、
   健康保険を継続するか、国民健康保険に切り替えるかを判断する必要があります。

   僕の場合は、健康保険を継続した方が、月額で1万円以上もお得でした。
   ちなみに、保険料滞納すると即資格喪失らしいです。
 【提出先】
   加入していた健康保険組合など
   会社退職時に会社に「健保の任意継続したいんですけど」と言えば
   手続きの仕方を教えてくれるはずです。
 【提出タイミング・期限】
   退職後20日以内。
 【リンク】
   社会保険庁(http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo06.htm
   各健康保険組合のサイトなど
 【内容】
   加入していた健康保険組合によって違うので、所属していた会社に問い合わせます。

   僕の場合は、申請書と1ヶ月分の保険料を現金書留で郵送しました。

   手続き期間中は、一時的に健康保険証がない状態になると思いますが、
   この期間中に医療機関を利用した場合等は、「任意継続の手続き中」である旨を
   医療機関に伝えて領収書などをもらっておけば、後日払い戻しを受けれるようです。

テーマ:フリーランス - ジャンル:就職・お仕事

  1. 2006/07/12(水) 10:02:30|
  2. フリーランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛器その2(Fender Japan '62ジャズベ)

Fender Japan '62 Jazz Bass


立て続けに愛器紹介。その2。

Fender Japan '62 Jazz Bass。
初めて購入したエレキベースだが、'57プレベによって2軍落ち。
ちなみに値段は63,000円くらいだったと思う。

感想は。。。これと言ってない。
と言うか初めて持ったベースなので、「ふーん、こんなものなのか」
と言う感じで。。。

ただ、'57プレベと比較してみると、
・ネックが細い
 Jazz Bass の特徴のナローネックで握りやすい。
・ウレタン塗装
 現在一般的なウレタン塗装。
 塗装面が固く、ちょっとやそっとでは傷が付かない。
・ヘッドのロゴ
 '57プレベとは違い、ロゴの上からクリア塗装しているので
 ロゴがはがれる心配がない。
・音色
 Jazz BassとPrecison Bassの違い、ローズウッド指板とメイプル指板
 の違いもあってか、音色が結構違う。
 '57プレベに比べると芯と丸みのある音がする。

現在は、2軍落ちしたこともあって、試験的にアコースティックな音色にしようとしている。
弦はダダリオのフラットワウンドECB82に交換。
ブリッジカバーを付けてスポンジをつっこみ、軽くミュートをかけている。

。。。が、あまり気に入った音ではない。。。まぁ良いか。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2006/07/12(水) 02:04:28|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛器その1(Fender USA '57プレベ)

Fender USA ’57 Precision Bass


まずは愛器紹介から。

メインは Fender USA '57 Precision Bass 。
昨年末に東京は御茶ノ水で購入。
18万くらい(定価は24万くらい)したが、エイヤッと即決。

'57と言っても本当に1957年に製造されたヴィンテージではなく、
American Vintage Series と言ういわゆるリイシューモデル。

購入した感想としては、
・ラッカーフィニッシュならではの感触。
 塗装がニトロセルロースラッカーなので、現在一般的なウレタンなど
 に比べるとやわらかい感触で、傷が付きやすい。
 (でも、傷が味になるので気にはならない。と言うか早く味が出てほしい、と思いつつ毎日弾く)
・固い感じの音色。
 メイプル指板のせいか、音色が固い感じがする。
・アノダイズドピックガード
 めずらしいアルミ製のピックガード。使い込めば良い感じに色あせしてくれるはず。
・ヘッドのロゴ
 ヘッドの「Fender PRECISON BASS」のロゴがただのデカール。
 (昔のガンプラでお馴染みの水に浮かべて貼るやつ)
 触るとすぐにはがれそうなので、気を使う。
・意外と軽い
 ボディはアルダーなのですが、意外と軽い。
 同じくアルダーボディの'62ジャズベよりも持った瞬間わかるほど軽い。
 軽いのは良いが、ベースを構えるとバランスが悪く、ヘッドが
 下がってきてしまうのが難点。

な感じかな。(細かくはもっと色々あるけど、また追々。。。)

ちなみに弦は、ダダリオのEXL170に交換済。

当面はこれでいくので大事にしなければ。

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2006/07/12(水) 01:46:24|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログはじめました

以前から開設しようしようと思っていたブログをようやくスタート。

日々生活していると、仕事やプライベートで思うこと感じること、
役に立ちそうなネタなんかが色々ある。

強烈に物忘れがひどいので、そんなネタをブログに残そう。

僕と同じく、ソフトウェアエンジニアを生業にしている人達や、
ベースを趣味にしている人に少しでも役に立てば幸いかな。
  1. 2006/07/12(水) 01:12:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

crossroad

Author:crossroad
関西在住。男。
フリーランスのソフトウェアエンジニア。
エレキベース(Rock&Roll)とお酒が好物でございます。

カテゴリー

タグリスト

Java F1 フリーランス ベーシスト HARRY TheStreetSliders iPhone FX お酒 Seasar Maven eclipse Wicket マイホーム 野球 プロジェクトファシリテーション Rails Ruby UML お店 ソフトウェア Tomcat S2Flex2 jsf Teeda Eclipse タグライブラリ ajax タスク europa mylyn trac 

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

Twitter


RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。