1. 無料アクセス解析

crossroad's Blog

Javaを中心にした技術ネタなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日の Seasar Teeda 学習のまとめ

今日もしこしことTeedaでJSFのお勉強です(^^;

提供されているサンプルを参考に、プログラミングしてみたのですが、
細かいことで何箇所かつまずきました。

1.PageやActionが呼び出されない
 conversion.dicon のルートパッケージ名を、実際のパッケージ名
 にあわせて修正していませんでした。

 その為、PageやActionがDIコンテナに自動登録されていませんでした。

 当初、「そういえば、diconにコンポーネント登録してないなぁ」と
 思ったのですが、サンプルを見てもPageやActionをコンポーネント登録
 している気配がない。

 「なぜこれで動くんだ~?」と思ったら、S2Containerの新機能、SMART Deploy と Creatorが働いていて、
 パッケージ構成とクラスの命名規則を守っていれば、自動的にコンポーネント登録されるのでした。

2.アクションメソッドが呼び出されない
 SUBMITボタンを作って、Pageクラスのアクションメソッドを呼び出すように
 したのですが、どういうわけか呼び出されない。
 Pageクラスのプロパティに値は設定されているので、HTMLとPageクラスの
 関連付けは正しく行なわれているようですが。。。

 原因は、HTMLのformのidの命名ミスでした。
 Teeda Extensionを使う場合、HTMLの各要素に色々と規約があるのですが、
 この規定に従ったidを付与していませんでした。

 以前に、S2StrutsやS2Daoを使った際も、ちょっとした命名ミスで
 結構ハマったことがあり、これはCoCでの注意点
だと思います。
 # しかも、命名ミスの場合は例外が発生しないことがあり、
 # 一見動いているように見えたりして調査が難しいことが多いです。
 # Seasarのソースを読まないと、原因特定できないことも少なくありません。

 SeasarファウンデーションのWebサイトを注意深く読めば、大抵は書いてある
 のですが、プロダクト毎に記述箇所が散らばっていることもあって、
 気づくのに時間がかかることもしばしば。。。

 実プロジェクトで使う時は、アーキテクトが命名規則一覧のようなものを
 作成・配布したほうが良さそう
な気がします。

3.ActionからServiceやLogicを呼び出すと、NoSuchMethodError
 ActionにインジェクトしたServiceやLogicを呼び出そうとすると、
 NoSuchMethodErrorが発生しました。

 インジェクトされたオブジェクトは、S2AOPによってバイトコードエンハンス
 されたものですが、リフレクションで getClass().getMethods() すると、
 呼び出そうとしているメソッドは存在するように見えます。

 原因は...これまたServiceとLogicのクラス名の命名ミスでした。
 僕は、慣例的に
  ・インターフェース・・・IHogeHoge
  ・実装クラス・・・HogeHoge
 のように命名するのですが、これがSMART Deployの規約(?)とあっていませんでした。

 正しくは、
  ・インターフェース・・・HogeHoge
  ・実装クラス・・・HogeHogeImpl
 です。

4.アクションメソッド起動時に、IllegalStateException
 アクションメソッド起動時に、

 java.lang.IllegalStateException: not readable
at org.seasar.framework.beans.impl.PropertyDescImpl.getValue(PropertyDescImpl.java:192)
at org.seasar.teeda.extension.interceptor.ActionSupportInterceptor.invoke(ActionSupportInterceptor.java:73)
 <以下略>

 が発生しました。

 原因は、Actionクラスに、PageインスタンスのGetterメソッドがないことでした。
 Actionクラスには、画面の入力値を保持したPageインスタンスが
 インジェクトされますが、インジェクトしてもらうだけなので、
 Setterだけで良いか、と思ってGetterを作成していませんでした。

 どうやら、S2AOPで拡張されたActionクラスが、オリジナルのActionクラスの
 フィールドにアクセスする際、Getterメソッド経由でアクセスするっぽいです。
 (S2AOPが、サブクラス化によってアスペクトをウィービングしているから...かな)

5.PageとActionのアクションメソッドの呼び出し優先順
 Teedaでは、アクションメソッドをPageクラスとActionクラスどちらにでも
 定義できる
ようですが、その呼び出される優先順は、

 (1)Pageクラス
 (2)Actionクラス

 のようです。

 なので、

 ・アクションメソッドをPageだけ定義し、Acitonには定義しない
  →Pageのアクションメソッドが呼び出される

 ・アクションメソッドをActionだけ定義し、Pageには定義しない
  →Actionのアクションメソッドが呼び出される

 ・アクションメソッドをPageとAciton両方に定義する
  →Pageのアクションメソッドが呼び出される
   (Actionに定義したアクションメソッドは意味がない)

 と言う事になります。


今日1日でいろいろ勉強になりました。
ほとんどが命名規約違反によるもので、それはSeasarサイトのドキュメントを
しっかり読めば回避できる
ものがほとんどです。

実際のプロジェクトでは、実装者全員がこのような問題に対処できるわけではないので、
やはりSeasarプロダクトを理解したアーキテクトなりがサポートする必要があるように思います。

アーキテクトは(特に開発初期は)少々大変かもしれませんが、
Seasarの各プロダクトはそれだけの価値があると思いますので、
自分がアーキテクトをできる場合は、積極的に採用(してもらえるように提案)したいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2007/08/23(木) 21:03:06|
  2. ソフトウェア開発 Seasar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Seasar Teeda を Tomcat PlugIn+DevLoader で稼動させると例外発生

Seasarファウンデーションの Teeda を勉強しようと思い、
Eclipse Europa(3.3)
・Sysdeo Tomcat PlugIn+DevLoader
Maven2
Teeda 1.0.10
Tomcat 5.0.x

で環境を作って、簡単なプログラミングをしたのですが、
ちょっとハマりました。

Teeda では、ViewをJSPではなく、HTMLとして作成できるのが
ひとつウリなようですが、まずはそれを試そうと思い、
単純なHTMLを作成。
特にManaged Beanと連携するわけでもない、本当にただのHTMLです。

で、Tomcat PlugIn+DevLoaderを使ってTomcat上で実行。
作成したHTMLにアクセスしてみると...あらら例外発生

org.seasar.teeda.core.exception.UriNotFoundRuntimeException:
[ETDA0026]URI(http://www.seasar.org/teeda/extension)が見つかりません org.seasar.teeda.extension.config.taglib.impl.AbstractTaglibManager.getTaglibElement(AbstractTaglibManager.java:68)
<以下略>


うーむ、TeedaタグライブラリのURIが見つからん、と言われています。


結論から言うと、原因はDevLoaderを使っていることに起因していました。

Maven2とTomcat PlugIn+DevLoaderを使用しているので、
 ・DevLoaderを使用しているので、J2EE規定のWebアプリケーションの
  ディレクトリ構造にしていない
(※)。(WEB-INF/classesやWEB-INF/libがない)
 ・タグライブラリのクラスやTLDファイルは、Jarファイルにまとめられていて、
  TLDファイルを明示的に配置していない。
 ・Teedaその他の稼動に必要なJarファイルは、Mavenのローカルリポジトリ上にある

 ※DevLoaderを使うと、Webアプリ構成になっていなくても
  TomcatにクラスやJarをロードさせ、Webアプリとして稼動させることができます。


と言う状態で動作させているのですが、

回り道日記によると、Jar中にTLDファイルを含める場合、
WEB-INF/lib 下にJarを置かないとTLDファイルを見つけてくれないようです。

上述の通り、今回はTLDファイルを含むJarファイルが、Maven2のローカルリポジトリ上に
存在するので、TLDファイルが見つからず、エラーになっているのでした。


対処の方法はいくつかありそうです。









































No.概要説明Tomcat PlugInDevLoader評価



TLDファイルを、WEB-INF下に配置する

JarからTLDファイルを取り出し、WEB-INF下に配置します。
(参考 Mayaa メーリングリスト

この方法であれば、Tomcat PlugIn+DevLoaderによる効率的な開発が可能です。
ただ、本来必要のないTLDファイルを配置することになってしまうのがタマに傷な気がします。

使用する

使用する





TLDファイルを含むJarを、WEB-INF/lib下に配置する

TLDファイルを含むJarを、Maven2ローカルリポジトリから、WEB-INF/lib下にコピーします。

この方法も、Tomcat PlugIn+DevLoaderによる効率的な開発が可能です。
しかしながら、せっかくMaven2でJarを一元管理しているのに、それとは別にJarを配置・管理することになり、ちょっと頂けません。

使用する

使用する





Webアプリケーション構造を作成し、Tomcatのコンテキストに追加する

Webアプリのディレクトリ構成(WEB-INF/classesやWEB-INF/libなど)を作成し、Tomcat PlugInのWebアプリケーションルートとして指定します。

この場合は、DevLoaderを使わないので、Javaソース等を修正したらリアルタイムにTomcatに自動反映ができず、Tomcatに反映するにはWebアプリ構成を更新する必要があります。

ただ、Webアプリ構成の作成・更新は、Maven2のwar:explodedゴールを使えば簡単にできますし、逆に言えば「ちょっと直しただけでいちいちTomcatがリロードしてうっとおしい」と言う事がなくなるので、むしろ利点と言えるかもしれません。

使用する

使用しない





普通にWarモジュールを作成、Tomcatにデプロイする

Tomcat PlugInはあきらめて、普通にWarモジュールを作成・デプロイします。

この場合は、修正したソースを反映させるためには、Warの生成とTomcatへのデプロイが毎回ともなうので、開発効率が低下してしまいます。

使用する

使用しない

×



個人的には、3.の方法が好みかなと思います。

尚、補足するとこの現象はTeedaに固有の話ではなく、
 ・TLDファイルがJarに格納されている
 ・Jarファイルを、WEB-INF/lib下に配置せず、Tomcat PlugIn+DevLoaderでロードしている
場合
には、常に問題になるはずです。



それにしても、Teeda良くできてるなぁ...
素にJSFを使うと、faces-config.xmlがかなり問題になりそうですが、
それもS2Containerの自動登録機能で解決
いやぁすごい。



  1. 2007/08/22(水) 21:10:54|
  2. ソフトウェア開発 Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

crossroad

Author:crossroad
関西在住。男。
フリーランスのソフトウェアエンジニア。
エレキベース(Rock&Roll)とお酒が好物でございます。

カテゴリー

タグリスト

Java F1 フリーランス ベーシスト HARRY TheStreetSliders iPhone FX お酒 Seasar Maven eclipse Wicket マイホーム 野球 プロジェクトファシリテーション Rails Ruby UML お店 ソフトウェア Tomcat S2Flex2 jsf Teeda Eclipse タグライブラリ ajax タスク europa mylyn trac 

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

Twitter


RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。